【NVF通信Vol.8】「私、会社辞めます」…と言わせない新人の育て方 Vol.1

 

ブログをご覧のみなさま、こんにちは!

今回からは全3回に渡り「新人育成」について

耳寄りな情報をお届けしていきたいと思います。

 

4月に入社された新人たちも、 

半年を過ぎそろそろ現場に馴染んできた頃かと思います。 

そんな彼らの今後の成長が、 会社の未来を左右する

重要な要素であることは間違いありません。 

では、早期離職を防ぎながら新人たちにすくすくと

成長してもらうための要諦とは一体何なのでしょうか。 


その答えは、大きく分けて3つあります。 

①育てる人材  ②育てる手法  ③育てる文化

 

この3つを正しい方法で実践すれば、新人たちはすくすくと成長してくれます。 
ただし、正しい順番で実践することが大切です。 


「人材→手法→文化」という順番です。 
この順番を間違えたり無視したりすると、大きな効果は期待できないので注意してくださいね。 

それでは早速、 連載1回目の今回は「育てる人材」について お話を進めていきたいと思います。

 

「親そっくりに子供は育つ」

まずは大前提からです。 新人は、赤ん坊です。 
社会人、仕事人、組織人として生まれたばかりの彼らには、できることがほとんどありません。 

一言でいえば、誰ひとり例外なく赤字社員です。 
だからこそ教育が必要なわけですが、 注意しなければならないのは

「親そっくりに子供は育つ」という真実です。 

正直、どの親(上司)が育てたかによって、新人はできる子にもできない子にもなります。 
とても単純な話ですが、かなり重要です。 

新人が最初の上司から吸収したことは、 その人の社会人、仕事人、組織人の土台になります。 

しっかりとした良い土台を身につければ、

働く場所、人、仕事の 内容が変わっても成果を出せますが、 

悪い土台を身につけさせると、真逆の結果になります。

 

最悪の場合、さらにその下の後輩に悪い土台を身につけさせてしまいます。 
本人だけならまだしも、 負の連鎖が会社に蔓延してしまうなんて怖いですよね。 

取り返しのつかないことになります。 

だから、不適切な上司に新人育成を担当させてはいけません。 
社内でも選りすぐりの、新人育成が天職のような上司をつけてあげてください。

 

では、新人育成が天職の上司とはどんな人材なのか。 その選び方もお伝えしておきます。

「新人育成未経験の若手が狙い目」

◯ 素直で謙虚でプラス思考 

◯ 自身の仕事で成果を出している 

◯ 苦労を買ってでもしている 

◯ 会社・仕事・仲間の魅力を語れる

 

これらの条件をすべてクリアしている人がいたら、 今すぐに新人育成担当に抜擢してください。 
間違いなく新人に良い土台を身につけさせてくれます。 
新人育成が未経験の人でもまったく構いません。 入社2年目や3年目の若手でも大丈夫です。 

むしろ育成担当を経験することで、本人のさらなる成長も同時に手にできます。 

一石二鳥です。 逆に、こんな人は絶対にダメです。

✖ 批評家で見栄っ張りでマイナス思考 

✖ 自身の仕事で成果が出ていない 

✖ 苦労を他人に押し付ける 

✖ 会社・仕事・仲間の愚痴を語る

 

もし上記の1つでも該当する人が新人育成を担当していたら、 すぐに外してください。 

大切な新人が、1年以内に「私、会社辞めます」と言い出すか、

 辞めなくても会社に衰退をもたらす悪の手先になってしまいます。 

 

最後に、「該当者がいない場合についてはどうすればいいの?」 
というご質問についてお応えしておきます。 

このメルマガをご覧になられている「あなた」が、

 新人育成が天職の栄えある第一号になってください。 そうすれば、あなた自身の人生のみならず、 

共に働くすべての仲間の人生をもっと輝かせることができます。 
その価値は、どんな仕事の成果よりも大きいと思います。

  • 素直で謙虚でプラス思考
  • 自身の仕事で成果を出している
  • 苦労を買ってでもしている
  • 会社・仕事・仲間の魅力を語れる

 

こんな人材に溢れた会社は、 どんな状況からでも成功を勝ち取ることができます。 

皆様が愛する会社が新人育成に成功し「私、この会社が誇りです」

と笑顔で言える社員が増えていくことを切に願っております。 

f:id:nvf_blog:20191019171537j:plain

最後までお読み頂き、ありがとうございました。 

 

次回、連載の第2回は… 
旧日本軍の連合艦隊司令長官山本五十六氏の名言を引用しながら、

「育てる手法」についてお届けしたいと思います。 
楽しみにしていてくださいね。 それではまた次回、お会いしましょう。

 

お問い合わせは、以下よりお願いいたします。

【NVF通信VOL.7】投資対効果を生む、広告出稿の3つのポイント

ブログをご覧のみなさま、こんばんは!

 

集客という点において、年間の広告予算をどう組むかは、

集客戦略の中でも、来期を左右するとても大事な項目ですよね。

今回は【この時期ならではのお悩み】年間の予算組のコツについてご紹介いたします。

 

「誌面は何月号に何ページ出す?」

「ネットオプションはいつ何を買うのが適正?」

「媒体の費用対効果は?」

といったご相談は弊社クライアント様からも多く寄せられております。

 

 いつ何を行うか、という戦略を立てるには、

まず昨年はいつどのタイミングで何を行って、結果どうだったのか。

何が成功して何が失敗だったのかを正しく図るところからスタートです。

 

【その際のポイント3つ】 

①来館予約の経路をきちんと把握する

媒体ごとはもちろん、電話予約の際も、

何をご覧になってのお電話かまでヒアリングし、予約経路を管理していますでしょうか。

誌面を変えた場合の効果検証をするには、誌面が流通するまでは時間がかかることを前提とし、

何月号を見て来館したのかまでアンケートに含め、ヒアリングしてみなければ、

誌面効果の正しい検証にはなりません。

 

どのタイミングで何を仕掛けていたのか、

そしてその結果、来館数にどう影響があったのかを正しく図りましょう。

 

前月との比較で上がった、下がった、だけではなく、

昨年の同月との比較や、マーケット状況や競合他社との比較も重要なポイントです。 

 

②各媒体の振り返りを有効活用する

毎月の担当の営業の方からの振り返りをうまく活用し、レポートを正しく読み取って、良い点、改善点。

来館予約数なのか、サイトへの流入なのか、

その媒体の目標ゴール設定をどこにするかも重要なポイントです。

 

自社サイトへ誘導するのであればGoogle Analyticsなどアクセス解析ツールを利用し、

そこから効果検証することが望ましいです。

 

 ②目標設定は適正か

媒体数は減らすし、出稿量も減らす。その一方、社内で決められた目標値は上がっている。

そんなケース、実は弊社へ寄せられるご相談にも多いです。

社内の様々なご事情により、致し方ない場合ももちろんあるでしょう。

限られた予算をどこにいくら使うのかはとても大切です。

 

予算をかける場合も、いつどのタイミングで何をすることが効果的か、

その答えは一つではありません。エリアやマーケット、貴社の特徴などにより変わってきます。

だからこそ、何が成功で、何が失敗だったのか、取った施策の効果検証が必要なのです。

f:id:nvf_blog:20191001163912j:plain

弊社のサービスでは各クライアント様に合わせて、

目標設定、効果検証、予算組のアドバイスまでお手伝いしておりますので

ご興味お持ちの方はぜひ一度お問い合わせくださいませ。

 

www.newvaluefrontier.co.jp

 

【NVF通信Vol.6】効果的な顧客満足度UP VOL.3

週は【コンセプトのつくり方】についてお伝えいたしました。

2週に渡りお送りしてきた 効果的な単価UP方法ラストとなります。

 

先週は最も効果的な単価UPとして人数UPのススメについて

お伝えいたしましたが、ラストは【効果的な商品提案】についてお届けします。

 f:id:nvf_blog:20190917153405j:plain

一番大事なのは

ウエディングプランナーや商品提案に関わるスタッフ(パートナー様も含む)の提案力】 でしょう。

 

皆さん、様々な自社商品及び自社で取り扱いしている外注商品のすべてを把握されてますか?

それぞれの商品の特徴を説明できますか?

商品の販売価格及び原価までインプットされてますか?

 

カタログを見ればわかることでもありますが、

単価UPの上手なプランナーはこうした商品知識をしっかりとインプットしています。

 

その都度、事務所に戻り商品内容や販売価格を確認するのではなく、

接客の流れの中でお二人のニーズを把握し、ベストなタイミングで商品提案をします。

 

そして、その商品を購入することにより、

お二人やゲストにとって忘れられないシーンになることや、

感動を生み出すことをしっかりと伝えているんですね。

 

【興味】お二人のニーズを引き出し、把握するヒアリングで興味の対象を知る

【連想】お二人のニーズにマッチするように商品の魅力を伝える

【欲望】その商品を購入することで手に入る未来(価値)を伝える

【比較】その他の商品では実現できないことを伝える

【確信】自分達の結婚式に必要な商品であると認識させる

【決断】価格や購入期限等を伝える

 

このように購買心理の段階に沿って提案することが満足度を高め単価UPに繋がっていくのです。

今一度、ウエディングプランナーや商品提案に関わるスタッフの

【セールストークや販促ツールを点検・メンテナンス】することをおススメします。

きっと成果に繋がるはずです!

 

次に一番スタンダードな単価UPの手法としては、

ご成約済みのお客様を招待して上記商品を取り扱った

【アイテム提案会や婚礼料理試食会】等の企画を実施すること。

きっと皆様も行っていると思いますし、弊社の運営施設でも定期的に実施しております。

 

こういった企画は顧客を一同に集め、 様々なパートナー様に

ご協力いただき商品をより魅力的にディスプレイし、賑やかな雰囲気を作り込み、

購買意欲を高める【環境誘引】を利用した効果的な手法の一つですね。

 

親御様もご一緒にお招きすると、 親御様の意見も反映され、

より高額商品の受注が増えやすくなります。

親御様にとっては息子・娘の結婚式に関われる貴重な機会にもなり、

張り切ってご参加いただけますよ(笑)

 

弊社がお手伝いしております、ある地域のクライアント様は、

新郎新婦様ご本人だけでなく、ご両家の親御様にも展示会や試食会の招待状をお送りし、

親御様への直接アプローチを行うことで、

料理単価平均2,500円ほどのアップに成功した事例もあります。

もちろん前述の展示や接客方法にも工夫はありますが。

アイテム提案会とは 実際の商品を見て・触れて・体感できる貴重な場です。

顧客満足度を高めるプロセスとしても効果絶大です。

 

更にアイテム提案会限定の特典等も用意されると購買意欲をより一層高められるでしょう。

その為にも各パートナー様との連携・コミュニケーションは必須です。

 

顧客・パートナー・施設すべてがHAPPYになれるよう、

事前の打合せや、提案会での受注目標の設定、

実施中に受注状況の共有等、パートナー様に丸投げするのではなく、

共に顧客の満足度を高めることを大切にしましょう。

もし、このようなアイテム提案会を実施されていない施設様は一度お試し下さい!

 

最後になりますが、3回に渡ってお伝えしてきた【効果的な単価UPの方法】

一番お伝えしたいのは小手先だけで単価UPは実現しないということ。

 

お客様がいるからこそ商品が売れる訳で、

そのお客様の満足度を考えず、売上を確保したいという施設側の思惑だけでは商品は売れません。

 

すべてはお二人にとって最高の結婚式を創ることを念頭に置き、

ウエディングプランナーをはじめとする商品提案に関わるすべてのスタッフの引き出しの量を増やし、

提案の質を高めることが実は一番効果的な単価UPの方法である。

ということがお伝え出来たのなら幸いです。

 

さあ、いよいよ本格的な秋のブライダルシーズンに突入です!

多くの施行が待ち受けているかと思いますが、 たくさんの幸せの場に立ち会えることは

この仕事の一番の喜びでもありますね。

 

皆様の益々のご活躍を期待しております!!

弊社へのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

 

www.newvaluefrontier.co.jp

 

 

※参加費1万円→無料でご招待となりました!【登壇決定】ホテレス主催→スタートダッシュでつかめ! 『実戦2020年ウエディング』シンポジウム

ブログをご覧の皆様、こんにちは!

以前、お知らせいたしました『実戦2020年ウエディング』シンポジウム

ですが、ホテレス様のご厚意により、

参加費無料でご参加いただけることとなりました!!

是非、この機会にご参加くださいませ。

 

***********************************

 

 

ウエディング業界を取り巻く環境はますます変化しています。2019年の商戦も結果が明確になる中で、2020年に向けた商戦はすでにスタートしています。
“スタートダッシュをいかに切れるか!”は重要なポイントです。そこで今回は演習ではない、実地の戦いである実践に向けて、何をすべきかを題材に2020年商戦につながるヒントを、さまざまな角度から分析。『実践2020ウエディング』と題してシンポジウムを開催いたします。
ぜひ、ご参加ください。

日時:2019年10月8日(火)
会場:八芳園 東京都港区白金台1-1-1
シンポジウム 11時~18時(受付10時30分~) 6階「エタニティ」
懇親会 18時15分~20時 2階「サンライト」
参加費:1万円(懇親会費用含む)無料でご招待

シンポジウムプログラム
11時~11時05分 主催者あいさつ

11時05分~12時05分 集客・成約・運営でお悩みの支配人・決裁者必聴!
*㈱ニューバリューフロンティア 代表取締役 髙宮孝一郎氏ほか

12時10分~12時40分 指導者不在でもできるウエディングプランナー育成システム
*㈱KAKEHASHI 代表取締役 寺田英史氏

12時40分~13時20分 昼食休憩

13時20分~14時20分 2020年 すぐに取り入れられる和婚対策
*㈱カーロカーラ 代表取締役 小谷由美子氏

14時30分~15時30分 マルチディレクションで単価は上がる!
*モデレーター ㈱エスポレシーボ・コム 代表取締役 安東徳子氏
パネラー
㈱スマイルD.C. 代表取締役 ワキリエ氏
㈱アンテナート 代表取締役 西巻顕子氏
㈱ケイフローリスト 代表取締役社長 栗原浩之氏

15時45分~16時45分 これからのWeb、SNS、インスタグラムの活用法
*モデレーター ㈱テイクアンドギヴ・ニーズ 運営統括本部東日本事業部長 金香憲吾氏
パネラー
SoZo㈱ 代表取締役 あつみゆりか氏
㈱フェイス マーケティング事業部兼教育研修事業 ディレクター 萬田篤氏
YouTubeコンサルタント 酒井大輔氏

16時55分~17時55分 社内SNS時代の成約率アップ策実例
八芳園 取締役専務 総支配人 井上義則氏

18時15分~20時 懇親会

お申し込みはこちらから
http://ohtapub.co.jp/wedding201910/

お問い合わせ
㈱オータパブリケイションズ
TEL:03-6226-2380
担当:山下様

f:id:nvf_blog:20190913164156j:plain

 

是非奮って、ご参加いただければと思います。

 

www.newvaluefrontier.co.jp

 

【NVF通信Vol.5】効果的な顧客満足度UP VOL.2

ブログをご覧の皆様、こんばんは!

前回からのテーマとしてお届けしております、【効果的な顧客満足度(単価UP)】について。

先週は【コンセプトのつくり方】についてお話させて頂きました。

 f:id:nvf_blog:20190909191700j:plain

お二人の結婚式の軸となるコンセプトを作ることで、その後の提案のクオリティが変わり、

オリジナリティ溢れる最高の結婚式になるということは、ご理解頂けたかと思います。

 その上で、具体的なプランニングに入る訳ですが、まず最初のご提案は【招待者のリストアップ】です。

 

コンセプトが決まり、お二人のウエディングがビジュアル化され、素敵な1日への期待と夢が膨らみます。

 そんな素敵な1日、お二人の第2の人生のスタートの日を、これまでお世話になった出来るだけ

たくさんの方々に祝福され、感謝の気持ちを伝えたい!!そう思うのは当然のことですよね。

 

ご見学当初は、

 

「あまり大袈裟な結婚式はしたくない」

「予算を抑えたいから親族中心で・・」こんな風にお考えの新郎・新婦様も多いですよね。

 

しかし、お申し込み後に意識の変化が起きている新郎・新婦様もいらっしゃいますし、

ウエディングプランナーが結婚式を行う意味や価値をお伝えいただくことで

お考えが変わる新郎・新婦様もいらっしゃいます。

 

ご親族だけのアットホームな結婚式も素敵な結婚式に変わりありません。

少人数の結婚式を否定するつもりもありません。

 

しかし、私は25年以上現場に携わってきた者として、大勢のゲストに祝福される喜びや、

大勢のゲストがお二人の人生に触れていただく、この1日の素晴らしさや感動をお伝えすることが、

ウエディングプランナーの使命の一つと考えております。

 

新郎・新婦様ご本人だけでなく大勢のゲストの心が豊かになる1日にこれまでお世話になった方々、

これからもお世話になるであろう方々へ出来る限りお声を掛けるようにおすすめします。

 

招待状をご注文通り用意し、招待状の書き方やお渡しの仕方等をご案内した後に

【プラス10セットの招待状】を添えて、「これは私たち式場からの贈り物としてです!」と。

 

その他たくさんのゲストをご招待した時に得られるメリット(ご予算や当日の楽しさ)と、

「後々あの人も呼んでおけば良かった・・」

と後悔してしまうケースもあるということも必ずお伝えします。

 

いわゆる【快楽原則】を用いてご提案するのです。

 ゲストを大勢呼ぶと素敵な結婚式になる!(又はお得になるかも!)・・・【快楽】

 

ご来賓やご友人を呼ばなかったら後悔するかも(又は損するかも)・・・【苦痛】

 

人は苦痛を避け、快楽を求めます。大勢のゲストを呼んだ方が

より素敵な結婚式になることをトークやツールを使ってご提案をしてみて下さい。

 

私たち業界でいう・・【人数UP!】が、新郎・新婦様の満足度と共に実現しやすくなります。

 

1組単価を上げるには、人数UPが効果的だということはご覧の皆様は十分ご承知のことと思います。

 

しかし、人数UPをご提案するタイミングを間違えたり、単にご祝儀が増えて自己負担予算が軽減される

というような提案では、新郎・新婦様の満足度に繋がらないのです。

 常々弊社は、様々な研修やセミナーの中でお伝えしていることがあります。

 

顧客に響くベネフィットを伝えること

 

その商品・サービスの特徴ではなく、

その商品・サービスを利用することによって手に入れられる未来(価値)のことです。

これは、集客・新規接客に於いても全く同じことが言えます。

 

今回の人数UPだけでなく、料理・衣装・演出すべてに於いて

【ベネフィット】を伝えていくことが新郎・新婦様の満足度を高め、結果単価UPに繋がります。

 特に料理や衣装、演出といった商品はスペックだけを伝えてしまいがちですからね。

 

次回は、お二人の想いをカタチにする商品提案についてお伝えしてまいります。

お楽しみに!

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました。

お問い合わせは以下よりお願いいたします。

 

www.newvaluefrontier.co.jp

【スタッフ紹介】見た目と中身のギャップが魅力的★ 永田享子ってどんな人?

◆名前: 永田享子

◆出身地:酒どころ・米どころの新潟県

◆出身学科:英文学科

(お酒が入った時だけ流暢にそれっぽく話せるようになるのが特技)

f:id:nvf_blog:20190906194157j:plain

 

◆経歴◆

新卒で地元の新潟県内の専門式場に就職。

約9年間勤務の中で、新規接客・打合せ・施行担当をメインに、婚礼サービス・司会業も経験。

約560組の新郎新婦を担当。

自身の誕生日を機に、語学や文化を学びたいという思いから、

仕事を辞めて以前より憧れていたイタリアへ短期の留学。

留学生活中に、イタリアの至る所で結婚式を見るたびに、

ブライダルに対する想いが再度沸き上がってくる。

帰国後、改めて日本の結婚式の素晴らしさを伝えたいと神前式をメインとする神社の結婚式場へ転職。

在職中に弊社代表髙宮のセミナーに参加したことで、これからのキャリアを見つめなおすきっかけとなった。

 

数か月後、改めて自身のスキルアップを考えNVFなら全国のステキな結婚式場様のために、

そして「その先にいる多くのカップルのために。」自分にも貢献できることがあるのでは!と思って入社。

名古屋の自社運営施設でも新規接客とウェブ集客の経験あり。

実は月間成約率100%という記録も持っている。

現在は関東エリアを中心に集客コンサルタントとして活躍中。

カジュアルなゲストハウスから落ち着いた和の会場まで、年齢層や客層が全く異なる会場での経験により、

幅広い視野が持てるようになり、現在の業務改善提案の幅の広さにも繋がっている。

 

座右の銘: 転んでもただでは起きぬ

チャレンジすることは、失敗もつきものだけど、そこから何を学ぶかが大事。

どんな出来事や人からも学べることが必ずあり、要は自身の気の持ちようだと考えています。

 

◆趣味:プロレス観戦!いわゆる「プ女子」ってやつです。

    年始の東京ドームと、夏の武道館のビッグマッチは外せない!

    プランター菜園・美味しいハイボールの作り方研究

 

◆スタッフから見て◆

スタッフの中では、頼れるお姉さん。やると決めたらやり切る芯の強さと実行力があります。

一見クールに見えますがお酒が入るとさらに明るく周りを楽しくさせてくれます。

自宅に遊びに行くとおしゃれなリビングで、美味しいハイボールとおつまみを作ってくれます。

 

◆メッセージ◆

担当のクライアント様とは集客のお話だけでなく、定期訪問の際には現場のプランナーさん達から

お声がけいただくことも多く、女性プランナーさんならではのお悩みや、キャリアの事、

プライベートとの両立などについても、ご相談いただくこともあります。

自身の経験が、これからを担う若いプランナーさんたちの何かのお役に立てれば、と思っております。

何でもお気軽にご相談くださいね。

 

ブログをご覧いただき、ありがとうございました!

弊社へのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

 

www.newvaluefrontier.co.jp

【NVF通信Vol.4】効果的な顧客満足度UP VOL.1

ブログをご覧の皆様、こんにちは。気が付けば、もう9月がスタート。

8月の集客や獲得状況はいかがでしたでしょうか。

 

今回から3回に分けて「効果的な顧客満足度(単価UP)」をテーマにお届けしていきます。

 

【集客・獲得・単価UP】というこの3つの軸は、

支配人様やマネージャーの皆様にとっては 日々の課題であるかと思います。

とは、言いましても・・単価UPを目的にした接客なんてありません!!

 

何故ならば・・「単価UP=“顧客満足度UP”」 であるからです。

至極、当然のことを今更ながらすいません・・

 

新規接客同様、満足度の高い接客・提案がなければ単価が上がる事はあり得ません。

ウエディングプランナーもお二人にとって、最高の結婚式をつくることが使命であります。

 

昨今、ナシ婚層の増加や少人数化が進み、ご成約後の単価UPは、

どの施設でもテーマになっておりますが、顧客側に立たない会場都合の商品並びに提案は危険です。

お客様からの信頼を失う可能性もあります。私たちが最も気を付けなければならないことですね。

 

では、満足度の高い接客・提案とはなにか・・

結婚式当日まで新郎・新婦の期待度が右肩上がりで上がっていく接客ストーリーを作る事と、

そのストーリーの過程で取り決めていく商品やアイテムが

お二人の最高の結婚式を作る上で、大切な意味がある事をしっかり伝えていく事です。

 

その為にまず最初に新郎・新婦と決めることとは・・

ズバリ!「コンセプト」お二人の結婚式の「軸」を決めるということです。

 

この「軸」があることにより、 今後の打合せで

プランナーとお二人のズレやブレがなくなり、プランナーからの提案の価値を高めます。

 

価値が高まると「欲しい!」「実現したい!」と欲望を高め、

消費行動を喚起させることに繋がるのです。

 

今回はお二人にとって最高の結婚式にする為の

コンセプトのつくり方のPOINTをご紹介したいと思います。

 

①お二人の結婚式に対する想い(実現したいこと)を聴く

なんと言ってもまずは「ヒアリング」です!

新規接客に於いても重要となるこのヒアリング。 お申し込み頂いてから時間も経過しています。

その間、お二人も友人の結婚式に出席されたり、色々な人達から情報収集したりと、

知識や経験が増えている可能性が高いです。

今一度、お二人のバックグラウンドや結婚式に対する想いを深掘りすることでお二人が結婚式で実現したいことを把握でき、お二人と価値観を共有することができるでしょう。

 

②お二人の結婚式に合うキーワードを明確にする

「アットホーム」・「ナチュラル」・「おもてなし」・「感謝」・

ヒアリング時にお二人から出てくるワードやイメージをキーワード化します。

このキーワードを明確にすることにより、お二人とプランナーとのイメージのズレやブレがなくなります。

コーディネートや演出・アイテム等の提案をよりしやすくなります。

 

③お二人のやりたいことやイメージをビジュアル化する

お二人の想いを聴き、お二人の言葉をキーワード化したら、

更にお二人がイメージする

「当日のシーン」・「会場の雰囲気」・「商品・小物」・「演出」等をビジュアルにしていきます。

これはビジュアル—シートとして雑誌の切り抜きやネットの画像等を貼付けしていけば簡単に作れますし、楽しい作業の一つですね。このシートがあれば様々な打合せの時にお花屋さんや司会者さん等

パートナーさんともイメージを共有しやすいですね!

 

モノが溢れ、そのモノにそれほど差がなくなった現在。

結婚式もモノを売る時代からコトを売る時代になったと思います。

 

よくある松・竹・梅の3つに価格差を付け、お得に感じやすい真ん中の「竹」を売る・・

確かにモノを売るには効果的な売り方かもしれませんが、

その人にとってその商品を手に入れても価値がないと思われたら、 きっと売れません。

 安ければ安い方が良いとなるでしょうし、最終的には「必要ない」という選択すら出てきます。

 

特に結婚式は「無形の商品」であるからこそ、「無形の価値」をお二人に提案していく上で

【コンセプトをつくる】ことが大事だということなのです。

 

メルマガをご覧の皆様、単価UPの指示を出す前に、

自社のプランナーが現在どのような提案をされているかをチェックしてみて下さい。

 

お二人と価値観を共有しているか、

お二人の結婚式の当日イメージが明確になっているか。

それが出来ていれば、単価UPの下地は出来ているということです。

 

次回は、具体的な単価UPの方法についてお伝えしたいと思います!

 

f:id:nvf_blog:20190901172901j:plain


www.newvaluefrontier.co.jp